【建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など】「隣家が空き家で困っています。屋根材が降ってくるからです・・・」

yanehigai005.JPG

お施主様宅の建物点検時、こんな相談がありました。

「隣家から屋根材が降ってきて困っています・・・」
「しかも、空き家であるため、修理してもらう事もできなくて、本当に困りました。先日は、屋根材(コロニアル)が雨戸に刺さりました。持ち主には連絡も取れませんし・・・、実に困っています」

確かに、屋根材(コロニアル)が落ちていました(↓)
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。
yanehigai002 a.jpg

よくよく見ると、「棟板金」まで落ちていました。これは重症です。
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。
yanehigai007.JPG


屋根をみると、残っている板金も脱落しかけています。
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。
yanehigai005 a.jpg

隣家に人が住んでいて、しかも、火災保険に加入している場合、隣家/持ち主に、「火災保険で屋根を修理する事が可能ですよ」(風災です)とアドバイスして、修理してもらう事が可能です。

<詳しくはこちらをクリック>

誰も知らない「火災保険」の真実 (パート1:火災だけでは無い!補償内容について)

yanehigai005 sonnponaiyou001.jpg

★誰も知らない「火災保険」の真実 (パート1:火災だけでは無い!補償内容について)★

先日、お施主様と雑談をしていたら

「私は火災保険は入ってませんよ。オール電化住宅だから火事になる事は無いと思うので、ローンの支払いが終わったから、火災保険の加入はやめました。年金生活だから保険料の負担が大きくてね」

住宅ローンを組む際、火災保険の加入は必須なので、ローン返済中は火災保険に入り続けます。しかし、「現金で建てた方・ローンの返済が終了した方」は火災保険の加入は必須ではなくなります。

内閣府の資料(保険・共済による災害への備えの促進に関する検討会 参考資料(pdf) 平成29年3月)によると、

naikakufu003 hokennkanyuuritu.jpg

*上記の画像をクリックすると【拡大表示】されます。

●平成25年 持ち家世帯数 3,502万世帯の内82%(2,880万世帯)が火災保険/共済に加入しています。

つまり、【持ち家世帯の18%=622万世帯】は、火災保険や共済に加入していないようです。

火災保険に加入しない方の多くが、

●自分は十分に注意しているので、「火」は出さない!
●「火」の心配が無いので、火災保険/保険料は無駄になる!

とお考えだとしたら(私の勝手な推測です。間違っていたらごめんなさい)、私は「火災保険の加入」を強くお勧めしたい!
その理由は、

<詳しくはこちらをクリック>

【緊急点検実施中】 屋根瓦(陶器瓦)を点検しにうかがいます。

★OB施主の皆様へのお知らせです★ 【屋根瓦の点検について】

kawara042.JPG

平成28年夏/台風により、多くのお施主様宅にて「屋根瓦の脱落」が発生しました。



*ちなみに、屋根瓦が台風等で脱落した場合、「火災保険(住宅総合保険)」に加入されている場合、保険会社へ【風災】としてご申請していただきます。
保険会社への申請等について、ご不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。

屋根瓦がすでに脱落してしまった場合、火災保険で申請すると、(補修費用の金額によっては)保険会社から保険金が支払われます。
そのため、「屋根瓦は脱落するまで、放置しておいてもかまわない」とお考えの方も多いと思います。

しかし、【屋根瓦の異常(多くは、屋根瓦を留める釘の突出です。詳しい内容は後述部分をご参照ください)】を放置すると、下記の大問題に発展する可能性があります。

〇落ちた瓦によって【人的被害(近隣の方、歩行者へ直撃する事もあります)】が発生する。

〇落ちた瓦によって【物的被害(近隣住宅などへの直撃があります)】が発生する。

〇瓦/下地材(木材)が広範囲に腐食する。

そこで、屋根瓦が脱落する前に、適切な補修が必要になります。
現在、【屋根瓦の点検】を実施しております。ご希望の方は、至急 ご連絡ください。
(最後にご連絡フォームが設置してあります)

屋根瓦の点検内容については、下記をご参照ください。

<詳しくはこちらをクリック>