誰も知らない「火災保険」の真実 (パート1:火災だけでは無い!補償内容について)

yanehigai005 sonnponaiyou001.jpg

★誰も知らない「火災保険」の真実 (パート1:火災だけでは無い!補償内容について)★

先日、お施主様と雑談をしていたら

「私は火災保険は入ってませんよ。オール電化住宅だから火事になる事は無いと思うので、ローンの支払いが終わったから、火災保険の加入はやめました。年金生活だから保険料の負担が大きくてね」

住宅ローンを組む際、火災保険の加入は必須なので、ローン返済中は火災保険に入り続けます。しかし、「現金で建てた方・ローンの返済が終了した方」は火災保険の加入は必須ではなくなります。

内閣府の資料(保険・共済による災害への備えの促進に関する検討会 参考資料(pdf) 平成29年3月)によると、

naikakufu003 hokennkanyuuritu.jpg

*上記の画像をクリックすると【拡大表示】されます。

●平成25年 持ち家世帯数 3,502万世帯の内82%(2,880万世帯)が火災保険/共済に加入しています。

つまり、【持ち家世帯の18%=622万世帯】は、火災保険や共済に加入していないようです。

火災保険に加入しない方の多くが、

●自分は十分に注意しているので、「火」は出さない!
●「火」の心配が無いので、火災保険/保険料は無駄になる!

とお考えだとしたら(私の勝手な推測です。間違っていたらごめんなさい)、私は「火災保険の加入」を強くお勧めしたい!
その理由は、

「火災保険は【火事以外】でも、広く補償してくれるから!」です。その補償範囲を詳しく知ると、むしろ「火災保険 保険料は極めてリーズナブル(適正!)」とさえ思えます。


余談ですが、
「火災保険」という名称から、「火災保険は火事だけの補償」と勘違いされている方が多いのではないでしょうか?

内閣府でも、その事(火災保険の補償範囲が知られていない事)を心配していて、下記の提言をしています。

【民間保険・共済の仕組み等について、今後、「わかりやすく」周知、広報していくことが重要と考えられる】
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。

naikakufu004 hokennkanyuuritu.jpg

*下記の資料より抜粋
【内閣府 防災情報のページ】
被災者に対する国の支援の在り方に関する検討会(第6回)
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/kentokai/hisaishashien2/dai6kai.html

資料5 災害に係る民間保険・共済の現状・課題等について (PDF:2,683KB)
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/kentokai/hisaishashien2/pdf/dai6kai/siryo5.pdf


それでは、「火災保険」は【火事以外】でも、どのような災害・被害に対して補償してくれるのでしょうか?
保険会社/共済によって、補償内容が若干違うので、「損保ジャパン」(約款)に記載されている内容を事例として、【火事以外の補償内容】について確認していきましょう。

*【参考資料】 下記の資料から抜粋しました。
損保ジャパン 住まいの保険 Web約款 「保険期間の初日が平成29年1月1日以降のご契約」(pdf)

●個人用火災総合保険の内容
個人用火災総合保険は、大切なお住まいや家財等を対象に、火災の損害を補償する保険です。火災以外にも、落雷、ガス爆発、風災、雪災、水災、盗難、建物外部からの物体の衝突、漏水などによる水濡れ、これら以外の不測かつ突発的な事故など、幅広い補償をご用意しております。

yanehigai005 sonnponaiyou001.jpg

【補償内容についての詳しい項目】
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。

yanehigai005 sonnponaiyou002-1.jpg

yanehigai005 sonnponaiyou002-2.jpg

yanehigai005 sonnponaiyou002-3.jpg

詳しい内容の解説は、(パート2)以降でしますが、まずは、上記の項目をず~とご覧ください。

驚きましたか!

そうです。火災以外でも、様々な災害に対して補償してくれています。
しかし、その「全ての補償内容」を知らない人が多すぎるため、内閣府でも【今後、「わかりやすく」周知・広報していくことが重要と考えられる」と提言しているわけです。

*保険に加入した際、保険証券と一緒にいただく【約款】ですが、一度もお読みになっていない方も多いかと思います。一度、お手元の【約款】をざ~とでもお読みになってください。様々な内容に対応してくれていますよ。

ちなみに、お施主様からよく尋ねられるのですが、
「自然災害、例えば、台風・竜巻などが原因だと、補償されないのですよね???」
という認識は間違いです。

内閣府の資料でも、下記の様に書かれています。

●竜巻による被害は、火災保険において「風害」として保障の対象となるが、十分周知されていないおそれがあり、今後、その周知や更なる加入促進が必要と考えられる。

naikakufu001.jpg

*画像をクリックすると【拡大表示】されます。

せっかく「火災保険」に加入して、保険料を支払っているのに、【補償される事を知らないので、保険会社へ申請しない】で損をしている人が多数存在する事が伝わります。


どうですか?
ここまでお読みになった方、「火災保険はとっても役立つ保険だ!」という提案に同意していただけたでしょうか!

火災保険未加入の方、もう一つだけ知っていただきたい事があります。
それは【失火責任法】についてです。
私は【失火責任法】の専門家ではないので、下記の記事をお読みください。
近隣が火事になり、その影響で自宅が火事になった場合、状況によっては損害賠償を請求できない事もあるようです(むしろ、損害賠償を請求できない事の方が多いのかもしれませんね)(↓)

【参考情報】
失火責任法とは? 重過失と損害賠償責任


最後に、「エコホームズで家を建てたお施主様」に、もう一度、お伝えいたします。

「火災保険は加入した方が良いです!」


ご不明な点があれば、下記からお問い合わせください。


★お問い合わせは下記のフォームからお願いします(↓↓↓)★

お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ