全国の工務店・設計事務所・ハウスメーカーの方へお願いがあります。

何のアポイントも取らず、突然会社へ来るのはやめてください!

一般の方を装って「バス見学会」「地熱住宅セミナー」に参加するのはやめてください!

急に、「地熱住宅を見せてくれ」「現場を見せてくれ」と言われても、私は忙しくてとても対応できません。
6年前、地熱住宅セミナーの時に、当日突然参加され、専門的な難しい質問ばかりをして、一般のお客様にご迷惑をかけた工務店さんがいらっしゃいます。

個人名でバス見学会・セミナーに申し込みをされ、当日 突然名刺を出して、同業者ですと言われても困ります。私が困るのではなく、同席されている一般の方が困ります。施工上の専門的な内容は、セミナー終了後に直接私へ質問してください。

そのような方に限って、建築現場では写真を撮りまくり、他のお客様が質問をされているところに割って入って、一方的に専門的な質問をされていきます。本来、「バス見学会」や「地熱住宅セミナー」は一般のお客様向けに実施しております。そして、専門家の皆さん向けには別の日程にて「バス見学会」や「地熱住宅セミナー」をおこなっています。ただし、それらは全て有料です。

住宅業界(工務店・設計事務所・ハウスメーカー)の方達にお願いがあります。
私達が開発した【外断熱の地熱住宅】は、1993年から現在に至るまで、15年以上の歳月をかけて「開発・研究・データ測定・改良」を重ねてきたものです。スタッフの血と汗と涙の結晶です! それらの情報を、私達を騙してまで(一般の方を装って)知りたいですか?

あなた方が情報を得たい気持ちはよくわかります。
ですから、私はそれを隠したいわけではありません。心から知りたいと思っている方には情報をお渡ししております。ただし、その際、一つだけお願いがあります。
社会人として常識的な「礼儀」をわきまえて欲しいのです。
事前に、堂々と、会社名を名乗ってください。

どうせ、バレなければ良いだろう。

そのようにお考えになったとしても、決して誰も文句は言いません。
ただ・・・、そのようにお考えの方には「地熱住宅」の真髄をお伝えしたくないだけです。


地熱住宅に関する資料をご希望の場合は、正式に会社名を名乗ってください。

同業者の方でも喜んで資料をお渡しします。千葉県内の工務店・設計事務所・ハウスメーカーの方でも資料はお渡しします。

【地熱住宅】がどんどん普及すれば、それだけ地球環境に貢献できます。

知りたい方は、堂々と会社名を名乗ってください。

しかし、大変悲しいことですが、今まで資料をお送りした会社(現在で300社を超えています。)の9割は、その後、何のご連絡もいただけません。せめてお礼のメールでもいただければ納得するのですが・・・。

大手の会社も例外ではありません。ハウスメーカー:S社・M社にも資料をお渡ししました。M社は技術陣が大勢で訪問されましたが、いまだに感謝の手紙もありません。

私達(私と当社技術スタッフ)の貴重な時間と施工技術を全て無料で学習しながら、それに対して感謝の気持ちが無いのはなぜでしょうか?

そこで、建築業界全ての方に対して、私達がアドバイスする際は全て有料とすることにしました。

資料を郵送する際も有料とさせていただきます。
郵送費用、資料作成費用などなどお金がかかります。私達の会社の資産は、お施主様と社員(私も含まれます)のためにあります。
資料の代金として9,800円をいただいております。(代引き)

地熱住宅の現場を見学したい場合は、事前に連絡してから来てください。
ご案内する費用として、1社あたり3.15万円をいただいております。バス見学会の参加も同じです。費用をいただきます。

まじめに【地熱住宅】に取り組もうと考えている工務店・設計事務所さんは、3万円を払って見学にいらっしゃっています。ですから、地熱住宅の全てをお伝えしております。隠すことなど一つもありません。

本物の外断熱・高気密住宅(+地熱利用)を各地で建てる参考にしていただいて結構です。
熱心に、真剣に、学ぼうという姿勢の工務店・設計事務所さんはいつでも大歓迎です。
ですから、どうぞ、堂々と会社名を名乗ってから資料請求・会社訪問をお願いします。
私はいつでもご返信させていただきます。


現在、下記の地域で工務店さんが「外断熱の地熱住宅」を一生懸命建てています。

地熱住宅の技術供与先工務店さん
現在、全国の工務店さんに【地熱住宅】を建てるための技術指導をおこなっています。

【外断熱の地熱住宅】に興味をお持ちの同業者の方達は、全ての方が大人として節度ある対応をされることを信じております。一般の方を装って「資料請求」「セミナーの参加」をされた場合、会社名も含めて、ネット上で公表させていただきます。



★お問い合わせは下記のフォームからお願いします★

「メッセージ」欄には、下記のどれかをご記入ください。

①【外断熱の地熱住宅】資料請求

②【外断熱の地熱住宅】現場見学の希望 (希望日を複数記入してください)

③【外断熱の地熱住宅】に関する問い合わせ


★同業者の方はこちらからお申し込みください(↓↓↓)★

会社名
担当者名
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ

地熱住宅に関する資料をお送りいたします。(有料です)

このページをご覧になっている住宅業界の方、あなたは非常に稀な方です。

昨今、ローコスト住宅(○○ホームなど)が大流行しています。とにかく、建築費用を安く安く・・・と提案することが主流です。
ローコスト住宅が悪いとは思っていません。標準的な仕様に統一して、メーカーからの仕入れ金額をできるだけ安くし、さらに打ち合わせを合理化し、工期もできるだけ短くする手法、それにより、できるだけ坪単価を安くする提案が悪いとは微塵も思っていません。

しかし、単に「住む場所」を提供するだけが私たちの使命なのでしょうか?
もちろん、あなたもお考えになっている「ローコスト住宅とは別の価値観」もあるのです。

大きいことは良いことだ!」という考えを住宅にも取り入れると、単に「坪単価を安くすること」は唯一正しい家作りになります。
しかし、高度経済成長期に盛んに言われていた
大きいことは良いことだ!
は、現在も正しい価値観なのでしょうか?

「家族が親密に暮らす小さな家」
「小さくても、家族が健康に長生きできる家」
「未来の地球人のために、住宅の省エネルギー化と自然エネルギーの利用を最大限導入する家」
「地球温暖化防止に貢献する家づくり」

このような価値観がこれから真に求められる家作りではないでしょうか?

おそらく、あなたも私たちと似た価値観を持っている方だと思います。

<詳しくはこちらをクリック>