【建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など】「隣家が空き家で困っています。屋根材が降ってくるからです・・・」

yanehigai005.JPG

お施主様宅の建物点検時、こんな相談がありました。

「隣家から屋根材が降ってきて困っています・・・」
「しかも、空き家であるため、修理してもらう事もできなくて、本当に困りました。先日は、屋根材(コロニアル)が雨戸に刺さりました。持ち主には連絡も取れませんし・・・、実に困っています」

確かに、屋根材(コロニアル)が落ちていました(↓)
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。
yanehigai002 a.jpg

よくよく見ると、「棟板金」まで落ちていました。これは重症です。
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。
yanehigai007.JPG


屋根をみると、残っている板金も脱落しかけています。
*画像をクリックすると【拡大表示】されます。
yanehigai005 a.jpg

隣家に人が住んでいて、しかも、火災保険に加入している場合、隣家/持ち主に、「火災保険で屋根を修理する事が可能ですよ」(風災です)とアドバイスして、修理してもらう事が可能です。

【風災】*画像をクリックすると【拡大表示】されます。

yanehigai005 sonnponaiyou002-1.jpg

しかし、「隣家が空き家で持ち主に連絡が取れない」もしくは「隣家が火災保険に入っていない。しかも、自費でなかなか修理してくれない・・・」という場合、泣き寝入りでしょうか。

いやいや、大丈夫ですよ。
このような場合でも、補償してくれます。
それが、【建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など】という補償項目です。上記の画像の最後に記載されてある分ですね。
(後日、保険会社 担当者に確認してもらいました。OKでした)

助かりますね。
やはり、火災保険は加入した方が、明らかに、良いです。
(重ねて申し上げますが、私は火災保険の代理店ではありません。あくまでも、住宅のメンテナンスから考えての意見です)

このような事例は、保険会社や代理店の方が、もっと、堂々と、みなさんにお知らせした方が良いと思いますよ!


★お問い合わせは下記のフォームからお願いします(↓↓↓)★

お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ