水俣条約が発効しました。(2017年8月16日)

2017年8月16日、水俣条約が発効しました。

★水俣条約とは?★ ⇒ 水銀に関する水俣条約

これにより、「一般照明用の高圧水銀ランプ」が2020年12月31日より製造・輸入禁止となります。

★下記の表は、【一般社団法人 日本照明工業会】サイトから抜粋したものです。
(参考サイト: 「水銀に関する水俣条約」の国内担保法による国内市販ランプへの影響について
*画像をクリックすると拡大表示されます。
minamata002.jpg




実は、「一般照明用の高圧水銀ランプ」は私たちの身近にあります。
そのため、高圧水銀ランプの製造・輸入が禁止される事は、様々なところで大きな影響があるのです。
例えば、

【高圧水銀ランプが使用されているところ】

・体育館/工場/倉庫/ショッピングモールなどの高天井に設置されている照明(高天井灯)
IMG_1806.JPG

・道路灯
IMG_1298.JPG

・テニスコート/駐車場/野球場/スポーツ施設などに設置されている照明(投光器)
IMG_1445.JPG

身近にある水銀ランプ(水銀灯)の寿命は、12000時間程度ですから、仮に、今日(平成29年9月2日)に新品の水銀灯に交換したとしても、点灯時間を年間2000時間(1日8時間点灯*年間250日)とすると、約6年後(平成35年ごろ)に交換する際、すでに水銀ランプ(水銀灯)の在庫が無い事も考えられます。

そのため、すでに設置してある「水銀ランプ(水銀灯)」を徐々にLED照明器具に替えていく必要があるのです。しかし、そこには大きな問題があります。

それは・・・。


【参考記事:朝日新聞 水銀汚染のない世界へ 水俣条約を発効

minamata001.jpg


★お問い合わせは下記のフォームからお願いします(↓↓↓)★

お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ