既存住宅売買瑕疵保険とは?(中古住宅購入時の不安を解消するための保険)

中古住宅を購入する場合、こんな不安があります。

「購入してから、この住宅に重大な欠陥があったらどうしよう・・・」

住宅を購入する方が全て「住宅の専門家」であればこんな不安は無いのでしょうが・・・。そんな事はありえません。
そんな不安を解決するため「瑕疵担保責任」(購入時には一見してわからなかった欠点を解決してもらう)という規定が民法にあります。
*詳しい内容については、下記をクリックしてご覧ください(↓)

中古住宅の瑕疵担保責任(allaboutjapanサイトより)

この「瑕疵担保責任」ですが、重要なのは【期間】です。民法の規定では 「瑕疵を知ったときから1年以内」との事ですが、これでは売主がず~と責任を負い続ける事になるので、実際は、

○売主の瑕疵担保責任を免除する
○瑕疵担保責任の期間を引渡しから1~3ヶ月とする

とする特約が付いているケースがほとんどのようです。(仲介物件の場合です。つまり、個人が所有している中古住宅を不動産業者が仲介して販売する場合の事です)
*なお、不動産業者が所有する中古住宅を販売する場合は、最低でも2年間は「瑕疵担保責任」が有効な期間です。

中古住宅を購入する場合、一般的には「仲介」が多いため、中古住宅を購入する方のほとんどは「瑕疵担保責任期間が1~3か月程度」であるようです。

このため、中古住宅を購入する際の不安である「購入してから、この住宅に重大な欠陥があったらどうしよう・・・」がなかなか解消されません。
この不安が、「中古住宅を活発に流通する」事にならない大きな原因ではないでしょうか?

そこで、この不安を解消するための制度ができました。
それが、【既存住宅売買瑕疵保険】です。

【既存住宅売買瑕疵保険】については、まずは下記の動画をご覧ください(↓)


いかがでしたか?
買主にとって、非常に安心な制度だと思います。
この保険に加入するには、個人間売買(仲介物件)の場合、まずは下記のサイトから、【検査会社】を探してみてください。(検査会社が買主さんから依頼を受け、そして、保険会社へ申込をおこないます)

既存住宅売買瑕疵保険に加入できる宅建業者・検査機関の検索
住宅瑕疵担保責任保険協会のサイトより)

*まずは「個人間売買向け検査機関を検索する」にチェックを入れて、例えば、「地図から探す」で「千葉」をクリックしてみてください。

なお、中古住宅売買瑕疵保険は、通常は、物件購入後に【現場検査】が入ります。しかし、

「購入した後では遅いですよね。購入する前に、専門家に検査してもらわないと・・・」
と感じる方がほとんどではないでしょうか?

そこで【事前インスペクション(保険申込前現場検査)】という方法があります。これは、物件購入前に検査をおこなうものです。
*詳しい内容については、エコホームズが保険を申し込む「ハウスジーメン」の「保険申込前現場検査」をご参照ください(↓)

ハウスジーメン 保険申込事前検査


中古住宅を探しに探して、「これだっ!」と思える物件を発見した場合、不動産業者にこんな風に言ってみてください。

「既存住宅売買瑕疵保険に加入したいです。ついては、【保険申込事前検査】をおこなって、物件に問題が無ければ買いたいのですが」

もしも断られたら・・・。
その場合は、よ~く再検討してみてはいかがでしょうか。




★お問い合わせは下記のフォームからお願いします(↓↓↓)★

お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ